腰痛専門サイトー腰痛い人の10の対処方法で治しちゃる!

腰痛マットレスは仕事で腰への負担が大きい人にも効果があります。

 

正しい睡眠をとる事で腰への負担を大幅に軽減する事ができるのです。

 

コンビニでアルバイトをしているとしばしば腰痛に悩まされることがある。接客や会計だけでなくパンや惣菜や荷物の納品そしてその品出しにより物を運ぶことによって腰にピキッと痛みが走るのだ。最近一番きつかったのは、お酒の納品と品出しだ。ある箱の中にお酒が積まれてくるのだが、一つの箱の重量が3〜4キロあるだろう。それを10箱大体50種類ぐらいの酒を検品してはお店の棚に運んで品出ししていく。一番重い商品はビンや焼酎のでかいボトル。この焼酎のでかいボトルは幅をとるのでなかなか商品が入らないことが多い。つまり、その焼酎をもったまま立ったり座ったり繰り返すのだから腰が悪くなる。自分はもうひとつ居酒屋のバイトをしている。このとき一番腰に来るのはお客さんに商品を出す時だ。台を持ちながらかがみながらお客さんに商品を出す。商品を落っことしてはいけないから神経を尖らせながらかがんで商品を出す。腰痛と精神攻撃の二重苦である。最近は割と痛くないが背筋を伸ばしながら仕事するのが一番腰痛にならないことだ。気を付けて働こう。

 

先日、会社の同僚とサッカー日本代表の話で盛り上がり、急きょ週末にフットサルに行くことになりました。私はこれまでにサッカー経験はほとんどなく、小学生や中学生の体育の時間にやった程度で、その時は本当に久しぶりにサッカーボールに触りました。

 

そして、社会人になってあまり激しい運動をしていなかったのにも関わらず、ついつい若い頃のように激しく運動をしてしまったのです。その結果、高校生の頃になった腰痛を復活させてしまいました。といっても、フットサルをしている時になったのではなく、翌朝にその痛みはやってきました。

 

また、整骨院の先生に勧めてもらった腰痛マットレスのモットンを使いだしたのが非常に大きかったと言えます。

 

久しぶりに腰痛の辛さを思い知らされました。腰を傷めて改めて思うことは、腰というのは日常生活の本当にいろいろな場面で活躍しているんだなということです。

 

フットサルをした翌日から、ベッドから起きる、服を着る、会社まで歩く、などありとあらゆる動作で腰痛のズキっとした痛みを感じるのです。本当に腰は大切だなと思いました。そして、これからは若い頃のイメージで運動をするような、調子に乗る真似はしないようにしようと思います。

 

そんな時にやっぱり使いたいのがモットンのマットレスです。モットンのマットレスは効果もさることながらしっかりと睡眠がとれるのでとても重宝します。

 

まずは腰痛について詳しくすることが非常に重要です。日本腰痛学会のサイトではイベントも定期的に開催されているので参加してみるのも良いでしょう。

 

また、詳しいモットンのマットレス情報についてはモットンマットレスの口コミサイトが参考になります。

 

リフォームをきっかけに購入した腰痛に良いマットレス

 

我が家は築100年の古民家なのですが、数年前にリフォームをして全室フローリングになりました。
リフォームするまでは全室畳だったので布団で寝ていました。
正直毎日の布団の出し入れが面倒で実は子どもの頃からベッドに憧れていました。
せっかくフローリングになったしついにベッドで寝られるかと期待していたのですが、ベッドってそれなりに高価なものだからリフォームで住宅ローンを抱えた今憧れていたようなベッドの購入はまだできていません。モットンを買ったのもその時でした。
夫婦の寝室はいまだに布団を敷いていて、子ども達にはスチール製の安物のベッドを買い与えています。
この子ども達のベッドをめぐって、以前に同居の母と一悶着ありました。
というのも、ベビーベッドと違って転落防止の柵もないので”子ども達が寝ている間にベッドから落ちて頭でも打ってバカになったらどうする”と・・・。
母の物言いはいつもこんな感じで、心配から来ているのだとは思うけど正直イラッとしています。
そんな事もあり、ベッドを二つくっつけて壁際に寄せてみたり、足側の柵の無い側を壁にくっつけて頭側を足元にして少しでも転落の危険が減るように配置しています。
転落の危険は回避できているものの、ある時とても驚いた出来事がありました。

 

腰の痛みもあったし助かりました。
ベッド=布団をあげなくても良いものという認識でいたのでマットレスも布団も万年床になっていました。
ベッドの下の掃除も別に動かさなくても掃除機を伸ばせば届くしと気にしていなかったのですが、ある時模様替えをするために久しぶりにマットレスも布団もあげてみました。
すると、なんと腰痛マットレスにカビが生えていてしかもスチール製のベッドの網目が錆びていたんです。
マットレスのカビの生え方があまりにも酷くて目を覆うばかりの状態でした。そんなマットレスを使えるわけもなく速攻で捨てました。主人に無駄遣いをしてと叱られてしまいましたよ。
その一件で、ベッドでも定期的に風を通さなくちゃいけないんだと学びました。
子ども達のベッドで学んだ事を生かして、夫婦の寝室にダブルベッドがおけるようになるのはいつの事でしょう・・・。一日も早く憧れのベッドで寝られるようになりたいものです。

 

昔から使い続けていた布団をモットンに変えた

 

その昔、人々の寝床は畳にお布団を敷くという形式でした。
その後時代の移り変わりと共に、現在ではベッドにマットレスで睡眠を取る方法が、
人口の大半を占めていると思われます。
毎日朝と夜にお布団を出したりしまったり、天気の良い日には重たいお布団を抱えて日干しする・・。
このような面倒な行動を取らなくて良いことは、ベッドを利用する最大のメリットかもしれません。
そんな便利なベッドにも、良い点と悪い点があるものです。
sports
まず、ベッドを利用する際には、マットレスが必要になってきます。
そして、このマットレスには、それぞれ寝心地に違いがあるものです。
一般的に寝心地を重視するなら、「高反発反発」と言われる柔らかいマットレスが最適です。
体が触れることで、その重みによりゆっくりと沈む高反発マットレス。
まるで雲の上に寝ているような、そんな感覚を味わうことができるのではないでしょうか。
しかし、良質な睡眠を取るためには、実は固めのマットレスが良いと言われているのです。
その理由は、モットンが柔らかいほど人は寝返りをしずらく、血液循環が悪くなるからなのです。
そして、体の重たい部分に沈みが深くなることで、腰などへの負担が大きくなり、

腰痛の大きな原因になることも指摘されています。
体への負担を第一に考えた場合は、寝返りも楽々できる固めのマットレスを選んだ方が良いそうです。
また、固めの高反発と言われる腰痛マットレスは、形崩れも少なく通気性も抜群のため、
腰痛マットレスの持ちもとても良いのです。

 

しかし、ここで注意しておきたいことは、寝方によってマットレス選びが左右されるということです。
先程お話ししましたが、寝返りがしずらく腰への負担がかかるという高反発マットレスですが、
横向き寝の方にはオススメのマットレスなのです。

 

睡眠時無呼吸症候群や胃腸の調子が悪い方に向いていると言われる「横向き寝」。
皆さんもご想像できると思いますが、横向きで眠るということは、下にしている腕や肩が押しつぶされているということです。
この状態で固いマットレスを使用した場合は、この腕や肩がかなり圧迫されてしまいます。
そこで、体の圧力を分散してくれるという腰痛マットレスマットレスを使用することにより、
自分の体に合わせて腰痛マットレスが沈むことで、体のそれぞれの部分の圧迫を、上手に分散してくれるメリットが生まれるのです。

 

一般的には、上向き寝が一番理想の寝方であるといわれているものの、
こればかりは、人によってなかなか変えることができないものです。
自分がどのような体勢で眠っているかを考えて、体に負担の少ないマットレスを選ぶ!
このことが、日頃の疲れを睡眠で解消することのできる、最善の方法なのかもしれませんね。
今から8年前、姉からダブルベッドを譲り受けました。
あるメーカーの高価なベッドらしく、姉もどなたかからそれを譲り受けたのです。
姉が5年ほど使用し、引っ越しするので不要になったらしく、我が家にやってきました。
夫以外の私たち家族にはそれぞれベッドがあったので、それは夫が使用することに。

 

今まで畳に布団を敷いて寝るのが好きだった夫ですが、そのベッドはかなり寝心地がいいらしくすぐに気に入りました。
マットがへたらない、ギシギシ言わない、ソフトな寝心地で、おまけにダブルのサイズですからそれはもう最高に気持ちよく寝れるそうです。
夫はそのベッドを8年間使用した頃、我が家の子供が独立し、夫はその空き部屋へ移動することになりました。
今まで25年間、私達夫婦は同じ部屋で寝起きし、夫のイビキやお酒臭さに私は限界がきていましたので、天の助けだとばかりに喜びました。
夫も自分の部屋ができることに大喜びでした。

 

その空き部屋には、子供が使用していたベッドがそのまま置かれていました。
捨てるのも勿体ないし、どうしようかと夫婦で考えました。
今まで夫が寝ていた「最高のベッド」を、この元子供部屋に運ぶのには相当の手間がかかります。ダブルサイズで大きいです。
それに夫は趣味にしている物を部屋に置きたいらしく、そこに更にダブルベッドを置くのは不可能だとわかりました。
ということで、夫は子供が使用していたベッドを使用、私が使用していた安物のパイプベッドは物置へ入れ、私にあの「最高のベッド」がまわってきたんです!

 

私は、今まで使用していたパイプベッドに不満はありませんでした。
たしかにギシギシと鳴ったり、安物のマットレスがぺったんこになって背中が痛かったりしましたが、たいして気にしていませんでした。
しかし、この「最高のベッド」は、「本当に最高のベッド」でした!
柔らかく適度な反発、広い面積…もう本当に良い寝心地です。
たまに主人が私の部屋のそのベッドで昼寝する時があるのですが、寝るたびに「やっぱりコレは本当に寝心地いいな」と羨ましがります。
「交換しようか?」と本気で奨めてみるのですが、やはり部屋に圧迫感が出るので無理だと感じているようです。
なので、もうこのベッド完全に私のモノになりました。

 

「最高のベッド」を手に入れた私ですがそれよりも何よりも一番嬉しい事は、イビキやお酒臭さに邪魔されずにぐっすり寝られるようになったことです。
ベッドにも感謝、独立した子供にも感謝です。
rihabiri

ベットもいいけれど腰痛マットレスはもっといい

 

私はベッドを使っていますが、簡易ベッドを使っています。二つに折りたためるベッドです。
本当はしっかりとしたベッドが欲しかったのですが、買うことができなくて、簡易ベッドを使うことにしたのです。
最初はそのベッドの上に備長炭が使われた腰痛マットレスを敷いて使っていました。そのマットレスの暑さは10センチ以上あって割と寝心地は良かったのですが、腰が痛くなることが多くて、やはりしっかりとしたマットレスを使ったほうがいいかな、と思うようになりました。
そこで楽天市場で検索して、マットレスを買うことにしました。それほど高いものは買えませんでしたが、評価がいいマットレスを選んで買いました。
それで、簡易ベッドの上にマットレスを置いて、その上に低反発のマットレスを置いて使うことにしました。そうしたら、ベッドの高さも高くなって寝心地も良くなりました。
今ではそのような使い方が当たり前になっていますが、できれば本当のベッドを使いたいと思います。ベッドを買っても、簡易ベッドの置き場所に困るので、新しくベッドを買えないでいるというのが現状ですが、ベッドはマットレスがいいかどうかが非常に大切なことになります。
ベッドにはヘッドレストが付いているものがいいな、と思いますが、簡易ベッドにはヘッドレストが付いていません。そこで、頭の方を壁側にして置いています。簡易ベッドは下にスプリングがあるので、ものを置くことができません。本格的なベッドだったらベッドの下にものが置けるのでしょうが、ものを置くことができないので、収納にちょっと困ります。
二つ折りのベッドですが、足の部分に車が付いていて、動くようになっています。動かすことはまずありません。備長炭を使った低反発のマットレスの寝心地がかなり良くて、眠るときにもぐっすり眠ることができているので、まあ、本格的なベッドでなくてもいいかな、と思うようになっています。寝心地がいいので今の所はこのままでいいです。

更新履歴